東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の開業日が2020年6月6日に決定

東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の開業日が2020年6月6日に決定

UR都市機構と東京地下鉄(東京メトロ)では,2016(平成28)年2月から設置工事を進めている東京メトロ日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅について,2020(令和2)年6月6日(土)に開業させると発表した.

東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の開業日が2020年6月6日に決定

 虎ノ門ヒルズ駅は,日比谷線霞ケ関駅から約800m,神谷町から約500mに位置し,1964(昭和39)年に日比谷線が全線開業して以来,約56年ぶりの新駅として開業する.
 駅構造は相対式2面ホームで,各ホームに出入口(地上行き)を1ヵ所設置する.また,中目黒方面行きホームにつながる地下歩行者通路により,周辺再開発ビルやバスターミナルに接続する.さらに,銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能になることで,交通結節機能の強化を図る.

東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」の開業日が2020年6月6日に決定

 今回の開業は,2020(令和2)年夏に開催される国際的なスポーツ大会に向けて開業するもので,引き続き最終完成を目指し,UR都市機構が事業主体,東京メトロが設計・工事受託者の役割分担のもと,関係機関と周辺再開発事業との連携・調整を図りながら整備を進める.最終完成時は,地下2階に隣接し,再開発事業で整備される駅広場ともつながる予定.なお,虎ノ門ヒルズ駅の開業にともない,同駅から北千住方面の駅ナンバリングが変更されるほか,開業日の6月6日(土)にダイヤ改正を実施する予定.

写真はすべて東京メトロ提供