小田急,QRコードを活用した鉄道運行情報提供を開始

小田急,QRコードを活用した鉄道運行情報提供を開始

小田急電鉄は,2019(令和元)年11月8日(金)から,全保有車両と駅窓口に,小田急電鉄WEBサイトの「運行情報」にリンクするQRコードを設置した.

小田急,QRコードを活用した鉄道運行情報提供を開始

 小田急電鉄では,中期経営計画におけるモビリティ分野の重点課題のひとつに「外国人旅行客がストレスなく利用できるサービスの提供」を掲げており,運行異常時にタイムリーな運行情報を発信するべく,これまでにもWEBサイトの自動翻訳機能を導入するなど,多言語情報発信の強化を行なってきた.今回のサービス導入は,訪日外国人旅行者のWEBサイトに対する認知度をさらに高めていくために設置され,WEBサイトへのリンク機能を有するQRコードを,利用客の目に触れやすい場所(車両・駅窓口)に設置することで,情報伝達の確実性を高める.
 QRコードは,スマートフォンなどで読み取ることで,日本語のほか英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語による運行情報ページを見ることができる.特急車両では,各座席シートポケットにQRコードが記載されたカードを備え付けるほか,一般車両では,各車両ドア上部にステッカーを貼付し,小田急電鉄のすべての車両でQRコードから運行情報を確認できるようにする.また,各駅窓口では,運行異常時にQRコードが記載された名刺タイプのカードを配布する.

写真はいずれも小田急電鉄提供