御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大のLEDモニタ「Umeda Metro Vision」設置

御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大のLEDモニタ「Umeda Metro Vision」設置

大阪市高速電気軌道では,2019(令和元)年12月1日(日)から,御堂筋線梅田駅に地下空間世界最大のLEDモニタ「Umeda Metro Vision」(ウメダメトロビジョン)の放映をスタートすると発表した.
 横40m×縦4mのMEGAモニタは,「大阪から世界へ」をデザインコンセプトとし,すでに稼働しているホームビジョンの映像と連動させることでインパクトの強い演出が可能.今後,リニューアルを行なう梅田駅の新しいシンボルとして,環境演出映像や伝達力の高い広告を流すほか,駅での待ち合わせや情報発信の起点として大阪の新しいランドマークになることを目指す.
 モニタは現在,「地下におけるLEDスクリーン最大ディスプレー」(英語名:Largest underground LED screen display)としてギネス世界記録™申請を行なっている.

写真:から