JR西日本,2022年春から山陽本線の「ICOCA」利用可能駅が拡大

access_time
2019年11月2日掲載
JR西日本 227系

写真:JR西日本227系  編集部撮影  近畿車輛本社にて  2014-9-26(取材協力:JR西日本・近畿車輛)

JR西日本では,2022(令和4)年春から山陽本線の「ICOCA」エリアを拡大すると発表した.

JR西日本,2022年春から山陽本線の「ICOCA」利用可能駅が拡大

 これまで山陽本線で「ICOCA」が利用できるのは,山口県内では南岩国から東側だったが,新たに藤生・通津・由宇・神代・大畠・柳井港・柳井・田布施・岩田・島田・光・下松・櫛ケ浜・徳山の合計14駅で利用可能となる.なおサービス開始日については,決定次第,発表される.

写真:特記以外はJR西日本ニュースリリースから