415系800番台C07編成が出場試運転を実施

access_time
2019年10月4日掲載
415系800番台C07編成が出場試運転を実施

JR西日本では,七尾線用の415系800番台C07編成が,金沢総合車両所松任本所での検査を終えて2019(令和元)年10月3日(木)に出場し,北陸本線で試運転を実施しました.
 試運転では,営業運転では入線しない金沢以西を,松任→金沢→大聖寺→金沢の経路で走行しました.全車が七尾線向けの単色で再塗装されたほか,両先頭車の密着連結器が灰色塗装のものに取り換えられていました.
 415系800番台は3両編成9本が残っていて,521系による置換えが発表されており,動向が注目されます.

写真:粟津—動橋間にて 2019-10-3
投稿:岩谷 淳平