東武鉄道館林駅東口が「カルピス」デザインに

東武鉄道館林駅東口が「カルピス」デザインに

乳酸菌飲料「カルピス」を製造販売しているアサヒ飲料では,「カルピス」ブランド誕生100周年を記念し,東武鉄道佐野線渡瀬—田島間の沿線(資材管理センター北館林解体所付近)にある同社群馬工場内に,完全予約制の企業博物館「カルピスみらいのミュージアム」を2019(令和元)年10月1日(火)にオープンしました.これをPRするため,9月28日(土)から,伊勢崎線・佐野線・小泉線の館林駅では,東口改札口を丸ごとラッピングする広告が始まりました.
 天の川の「銀河の群星」から来ている,カルピスの水玉模様にちなみ,壁から柱,改札口周りから券売機カウンター周りに至るまで,紺色地に白の水玉で「夜空」がデザインされており,改札外の柱には「カルピスみらいのミュージアム」内部の写真や,見学予約申込みサイトへアクセスできるQRコードなどが描かれています.

写真:館林にて 2019-10-2
投稿:大塚 真