えちぜん鉄道・福井鉄道,10月1日にダイヤ改正を実施

access_time
2019年9月19日掲載
えちぜん鉄道 L形

写真:えちぜん鉄道L形  編集部撮影  福井口車庫にて  2016-3-30(取材協力:えちぜん鉄道)

えちぜん鉄道と福井鉄道では,2019(令和元)年10月1日(火)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 えちぜん鉄道では,早朝時間帯に勝山永平寺線列車の一部を繰り上げることで,JR北陸本線の特急“サンダーバード”(京都・大阪方面)への接続を可能とする.朝の通勤通学時間帯では,福井口駅での勝山永平寺線から三国芦原線への接続利便性を図るため,日常的に乗換え時に遅延が発生している列車を含め,始発列車から朝の通勤通学時間帯にかけての列車を中心にダイヤを変更する.
 また,早朝の田原町駅・福大前西福井駅周辺高校への通学利便性を図るため,一部列車時刻の繰上げを実施する.なお,今回の改正を機に,JR北陸本線との接続がなくなっている「めざましトレイン」(勝山永平寺線:500K,三国芦原線:508M)は廃止となる.
 フェニックス田原町ラインでは,朝の通勤通学時間帯において,福大前西福井での乗換え混雑緩和のため,列車1本のダイヤを見直す.
 福井鉄道では,乗客の利便性を踏まえ,下り越前武生駅発の始発列車の時刻を10分繰り下げる.この始発列車繰下げにともない,始発列車から朝9時までの列車において,一部ダイヤを変更する.
 また,下り越前武生駅発最終列車を12分繰り上げることで,えちぜん鉄道三国芦原線との接続を行ない,利便性の向上を図る.