大阪モノレール,9月14日から門真市駅で可動式ホーム柵の使用を開始

access_time
2019年9月13日掲載
大阪モノレール,9月14日から門真市駅で可動式ホーム柵の使用を開始

大阪高速鉄道(大阪モノレール)では,2019(令和元)年9月14日(土)の始発から門真市駅で可動式ホーム柵の使用を開始すると発表した.
 今回設置された可動式ホーム柵は,腰高タイプで,固定部分がホーム床面から約1.35mある.開口部は約2m,柵延長は約70mあり,地上側に設置するセンサで,ホーム柵扉を自動開閉する.
 可動式ホーム柵設置は,千里中央駅に続いて2駅目となる.今後は,2019(令和元)年度に6駅(大阪空港・蛍池・山田・万博記念公園・南茨木・彩都西),2020(令和2)年度から2022(令和4)年度にかけて,残りの10駅で設置を予定している.

写真:可動式ホーム柵設置イメージ(大阪高速鉄道のニュースリリース)から