山陽3000系ツートンカラー復刻車両,ヘッドマークなしで運転

access_time
2019年9月4日掲載
山陽3000系ツートンカラー復刻車両,ヘッドマークなしで運転

山陽電気鉄道では,ツートンカラー復刻車両として運転されている3000系3030編成4連について,2019(令和元)年8月26日(月)ごろに,四季折々の復刻ヘッドマークのひとつである,「海へ」のヘッドマークが取り外され,その後は,ヘッドマークなしの姿で運転されています.
 10月ごろになると,四季折々の復刻ヘッドマークのひとつである,「秋祭り」のヘッドマークが掲出されるものと思われ,3000系ツートンカラー復刻車両が,ヘッドマークなしの姿で運転されるのは,9月末までとなる可能性が高そうです.

写真:山陽塩屋—須磨浦公園間にて 2019-9-3
投稿:井上 遼一