JR西日本,2020年春から紀勢本線の「ICOCA」利用可能駅が拡大

access_time
2019年8月30日掲載
JR西日本 227系1000番台

写真:JR西日本227系1000番台  編集部撮影  吹田総合車両所にて  2018-9-8(取材協力:JR西日本)

JR西日本では,2020(令和2)年春から紀勢本線の「ICOCA」エリアを拡大すると発表した.

JR西日本,2020年春から紀勢本線の「ICOCA」利用可能駅が拡大

 今回「ICOCA」の利用が可能となるのは,紀勢本線の海南—紀伊田辺間のうち,冷水浦・加茂郷・下津・初島・紀伊宮原・広川ビーチ・紀伊由良・紀伊内原・道成寺・和佐・稲原・印南・切目・岩代・芳養の合計15駅.これにより和歌山駅から紀伊田辺駅までの全駅でICOCA・ICOCA定期券が利用可能となる.サービス開始日については,決定次第,発表される.

写真:特記以外はJR西日本ニュースリリースから