京成,10月26日のダイヤ改正で“スカイライナー”の本数が1.4倍に

access_time
2019年8月30日掲載
京成電鉄AE形

写真:京成電鉄AE形  宗吾車両基地にて  編集部撮影  2009-5-20(取材協力:京成電鉄)

京成電鉄では,2019(令和元)年10月26日(土)にダイヤ改正を実施し,“スカイライナー”を大幅増便するなど,都心からの成田空港アクセスをさらに強化すると発表した.

 これは,成田国際空港の航空旅客数が増加傾向であることや,2019(令和元)年10月末に予定されている成田国際空港の運用時間延長にともなう航空機の増便を受けたもので,“スカイライナー”の運転本数については,現行の上り30本・下り29本計59本から,上下各41本計82本に増便し,“スカイライナー”の運転間隔が約20分間隔となる時間帯が拡大される.

京成,10月26日のダイヤ改正で“スカイライナー”の本数が1.4倍に

 下り列車では,京成上野発の“スカイライナー”の始発列車がこれまでの5:58から5:40に繰り上げられ,夕方についても19:00発・19:40発・20:20発の列車が設定される.上り列車では最終の“スカイライナー”は成田空港23:20発の列車となり,それぞれ運転時間帯が拡大される.
 このほか,成田国際空港の運用時間延長にあわせて深夜のアクセスを改善するため,現行の快速成田行き(成田23:52着)を成田空港行きに区間延長(成田空港24:02着)するとともに,折返し列車として成田空港24:07発の普通宗吾参道行き(宗吾参道24:23着)を新設する.
 なお,各駅の時刻など詳細については,9月中旬以降に発表される.

時刻表は京成電鉄のニュースリリースから