E956形「ALFA-X」,1・2号車と9・10号車を入れ替えて試運転を実施

E956形「ALFA-X」,1・2号車と9・10号車を入れ替えて試運転を実施

JR東日本では,2019(令和元)年8月27日(火)から28日(水)にかけて新幹線総合車両センター所属のE956形S13編成「ALFA-X」による試運転が,東北新幹線仙台—八戸間で行なわれました.

E956形「ALFA-X」,1・2号車と9・10号車を入れ替えて試運転を実施

 今回の試運転では,東京方先頭車の1・2号車と新青森方先頭車の9・10号車の入れ替えが行なわれた状態で走行しました.また,5号車にはヒンジなどの構造,カバーの形状を改良した新形パンタグラフが搭載されているのが確認できました.

写真:仙台にて 2019-8-27
投稿:渡辺 大地