『リバイバルトレイン「急行九十九島号」』運転

access_time
2019年8月25日掲載
『リバイバルトレイン「急行九十九島号」』運転

2019(令和元)年8月24日(土),国鉄急行色のキハ66 110+キハ67 110を使用した団体臨時列車が,長崎→千綿→佐世保→佐々→たびら平戸口→有田→ 肥前山口の経路で運転されました.
 これは,JR九州 長崎支社が催行したツアー『リバイバルトレイン「急行九十九島号」の旅』にともなうもので,かつて長崎—博多間を松浦線経由で運転していた急行“九十九島号”のルートを一部再現したものです.
 前面には特製のヘッドマークが掲出されました.

写真:すえたちばな—江迎鹿町間にて 2019-8-24
投稿:辻 祐治