叡山電鉄で「七夕伝車」運転

access_time
2019年8月12日掲載
叡山電鉄で「七夕伝車」運転

叡山電鉄では,2019(令和元)年7月1日(月)からデオ811+デオ812の編成の車内に利用客が応募した短冊を取り付け,「七夕伝車」として運転しています.
 この企画は2016(平成28)年から行なわれているものですが,今回からヘッドマークのデザインが変更されています.「七夕伝車」の運転は8月15日(木)までの予定で,期間後短冊は貴船神社に奉納されることになっています.
 叡山電鉄では現在,800系3編成に鞍馬線90周年,デオ815+デオ816に「悠久の風」ヘッドマークが取り付けられているため,「七夕伝車」とあわせ全編成にヘッドマークが取り付けられていることになります.

写真:元田中にて 2019-8-11
投稿:浜野 孝幸