EF210-901が「カンガルーライナーSS60」を代走けん引

access_time
2019年8月12日掲載
EF210-901が「カンガルーライナーSS60」を代走けん引

JR貨物では,2019(令和元)年8月11日(日祝),2059列車(通称:カンガルーライナーSS60・西濃運輸一部貸切列車)を,新鶴見(信)—吹田貨物ターミナル間で,岡山機関区所属のEF210-901が代走けん引しました.
 2059列車は,所定であれば,吹田機関区所属のEF66形の仕業ですが,運用の都合により,差し替え(けん引機変更)となった模様です.EF210-901は,EF210形の試作機として製造された車両であり,量産形と比べて,外観などに差異があることで知られており,今回も代走けん引機として充当されたことにより,ファンから注目を集めました.

写真:醒ヶ井—米原間にて 2019-8-11
投稿:志摩 敬