箱根登山鉄道モハ107が鈴廣蒲鉾本店へ

access_time
2019年8月9日掲載
箱根登山鉄道モハ107が鈴廣蒲鉾本店へ

2019(令和元)年8月9日(金),鈴廣蒲鉾本店に譲渡された箱根登山鉄道モハ107の搬入作業が行なわれた.

 モハ103とともに箱根登山鉄道最後のつりかけ車として活躍を続けてきたモハ107は,神奈川県小田原市で「鈴廣かまぼこの里」を運営する鈴廣蒲鉾本店が譲受し,2019(令和元)年9月上旬にオープンする鈴廣かまぼこの里の新たな施設「えれんなCAFE 107」で使用されることになった.

箱根登山鉄道モハ107が鈴廣蒲鉾本店へ

 強羅からトレーラで輸送されたモハ107は,未明に設置予定場所に到着.現在営業中の店舗は11時開店であることから,開店時までに間にあうよう,午前6時から設置作業が開始され,午前10時過ぎにはクレーンによるつり上げ作業により据え付けが無事終了している.

箱根登山鉄道モハ107が鈴廣蒲鉾本店へ

 「えれんなCAFE 107」では,モハ107の横に,プラットホームほどの高さのデッキが設置される予定で,すでに土台の施工は終わっており,今後,屋根の設置工事が行なわれる.オープン後は,モハ107の車内で,商品を購入した利用客が飲食できるようになる予定.

写真はいずれも大沼一英撮影(取材協力:鈴廣蒲鉾本店)