山陽電鉄で「忍たまとおでかけ号」運転中

access_time
2019年7月25日掲載
山陽電鉄で「忍たまとおでかけ号」運転中

山陽電気鉄道では,2019(令和元)年7月19日(金)から,ラッピング車両「忍たまとおでかけ号」が運転されています.
 これは,アニメ「忍たま乱太郎」とのコラボ企画『忍たまとおでかけ山陽沿線の段』の一環として運転されているものです.車両は6000系6002編成が使用され,3両1編成の浜側・山側の車外側面に,「忍たま乱太郎」に登場する「忍術学園」の1年生から6年生までの各学年のイメージカラーに合わせた帯を張り付け,そのイメージカラーに合わせた各学年に在籍するキャラクターや,「忍術学園」の外で「忍たま」達と関わるキャラクターのラッピングが施されています.運転初日の7月19日(金)には山陽姫路駅で出発式が行なわれました.
 アニメ「忍たま乱太郎」は1993(平成5)年から放送されていますが,鉄道車両にラッピングが施されるのは今回が初めてのことです.このラッピングは9月8日(日)まで行なわれる予定です.

写真:山陽曽根—大塩間にて 2019-7-21
投稿:金子 聡