東京メトロ,『東京2020大会会場最寄駅オフピークプロジェクト』を実施

access_time
2019年7月19日掲載
東京メトロ,『東京2020大会会場最寄駅オフピークプロジェクト』を実施

東京地下鉄(東京メトロ)では,『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)』の開催に向けて,『東京2020オリンピック』開催のおよそ1年前にあたる2019(令和元)年7月22日(月)から,メトロポイントクラブを活用した『東京2020大会会場最寄駅オフピークプロジェクト』を実施すると発表した.

 これは,『東京2020大会』期間中,とくに混雑が予想される東京ベイゾーン(新木場,辰巳,豊洲,月島),オリンピックスタジアムエリア(外苑前,青山一丁目,北参道,明治神宮前〈原宿〉を対象に,「オフピーク通勤(通学)」を促進することを目的としたもので,朝ラッシュのピーク前後の時間帯に対象駅の自動改札機で出場することで,メトロポイントクラブにてポイントが進呈される.

東京メトロ,『東京2020大会会場最寄駅オフピークプロジェクト』を実施

 東京ベイゾーンとオリンピックスタジアムエリアにおけるオフピークプロジェクトは「スムーズビズ」集中取組期間にあわせて,2019(令和元)年7月22日(月)~8月2日(金)と 8月19日(月)~8月30日(金)の20日間に実施される.
 また,日本武道館エリア(九段下,竹橋)において,テストイベントの開催にあわせて,競技時間前後の駅構内の混雑を緩和することを目的とし,競技前および競技後の混雑時間帯の前後1時間に,対象駅の自動改札機で入出場することで,メトロポイントクラブにてポイントが進呈される.
 東京メトロでは,『東京2020大会』期間中,混雑を避けて利用するための参考情報として,混雑が予想される駅のうち9駅の構内の混雑予想個所と時間を東京メトロ公式サイト内の「東京2020大会特設ページ」(https://www.tokyometro.jp/tokyo2020/)において公表している.『東京2020大会』のオフィシャルパートナー(旅客鉄道輸送サービス)である同社では,大会に向けて,混雑緩和施策を積極的に実施していくとともに,『2020 TDM 推進プロジェクト』に参画するなど,円滑な輸送の提供を通じて東京2020大会の成功に貢献できるよう,引き続き準備を進めていくとしている.

写真提供:東京メトロ