キヤノン,「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を9月に発売

access_time
2019年7月19日掲載
キヤノン,「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を9月に発売

キヤノンは,「EOS Rシステム」用の交換レンズの新製品として,光学10倍の高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を9月上旬に発売します.

 35mmフルサイズセンサ対応の高倍率ズームレンズでありながら,小形・軽量を追求した設計により旅行などさまざまなシーンで気軽に携行することができます.EOS Rとともに使用することで,シャッタースピード換算で約5段分の高い手ブレ補正効果を実現し,望遠や夜景などの手ブレが発生しやすいシーンでもブレを抑えた撮影が可能となっています.
 「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスの利点を生かし,レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置することで, 画面の中心部から周辺部までの高い描写性能と小型・軽量化の両立を実現しています.また,非球面レンズと特殊低分散ガラスを使用した「UDレンズ」を採用することで,画像劣化の原因となる諸収差を低減し,高画質を実現しています.
 「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」はオープン価格で, キヤノン直販ウェブサイト「キヤノンオンラインショップ」における販売価格は120000円+税となっています.
 このほか,「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」と小型・軽量のフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」を組み合わせた「EOS RP・RF24-240 IS USM レンズキット」も9月上旬に発売されます.こちらもオープン価格で,キヤノン直販ウェブサイト「キヤノンオンラインショップ」における販売価格は260000円+税となっています.

キヤノンマーケティングジャパン

 なお,キヤノンマーケティングジャパンでは,ミラーレスカメラ「EOS R」の購入者向けの「EOS R POWER UPキャンペーン」と,ミラーレスカメラ「EOS RP」の購入者向けの「EOS RP SUMMERキャンペーン」を2019(令和元)年9月30日(月)まで開催しています.