『信州カシオペア紀行』をEF64 37がけん引

access_time
2019年7月17日掲載
『信州カシオペア紀行』をEF64 37がけん引

JR東日本では,2019(令和元)年7月13日(土)から翌14日(日)にかけて,『信州カシオペア紀行』号が運転されました.
 13日(土)16時すぎに上野を出発し,14日(日)8時すぎに長野に到着する行程で運転されました.
 尾久車両センター所属のE26系「カシオペア」12両を,高崎車両センター所属のEF64 37がけん引しました.
 篠ノ井線沿線には小雨もようにもかかわらず,多くの鉄道ファンが撮影する姿がみられました.
 EF64 37がE26系をけん引するのは,2019(令和元年)年5月3日(金祝)から翌4日(土祝)にかけて運転された,『信州カシオペア紀行』以来となります.
 なお,到着した車両は,15日(月祝)から翌16日(火)にかけて,尾久車両センターへ返却回送されています.

写真:稲荷山—篠ノ井間にて 2019-7-14
投稿:小山 聖史