下松市で『道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト』開催

access_time
2019年7月15日掲載
下松市で『道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト』開催

山口県下松市では,2019(令和元)年7月14日(日)に,下松市制施行80周年記念イベントとして「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」が開催されました.
 これは,日立製作所笠戸事業所で製造されているイギリス向け高速鉄道車両「Class800シリーズ」の国内製造が終盤を迎えることにあわせて,通常夜間に実施されている同事業所から下松第2埠頭までの陸上輸送(陸送)を日中に行なったものです.
 先頭車両2両がトレーラで輸送され,沿道には多くの方が集まりました.なお今回は,2017(平成29)年3月5日(日)に続いての、2回目の開催となりました.

写真:山口県下松市にて 2019-7-14
投稿:礒本 真樹