南海,百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録を記念したラッピング列車を運転

南海,百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録を記念したラッピング列車を運転

南海電気鉄道では,百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産への登録が決定したことを記念し,ラッピング列車の運転など,「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録記念キャンペーン」を実施すると発表した.

 ラッピング列車は,1000系1編成(6両)を使用し,先頭車両(1・6号車)は,「世界遺産 堺・百舌鳥古墳群へは南海電鉄で!」というメッセージとともに,「南海ハニワ駅長」や現代・古代の古墳群のイラストを大きくデザインしている.中間車両(2~5号車)は,茶の湯・和菓子・堺打刃物・注染和ざらし,お香といった堺の伝統産業・伝統文化をハニワ駅長が体験している姿を描いている.また,すべての車両の背景には自転車や旧堺燈台,路面電車など,堺らしいモチーフの「堺柄」がデザインされており,共通デザインのロゴマークも配置する.
 運転期間は,2019(令和元)年7月21日(日)から2020(令和2)年6月30日(火)までの予定で,おもに南海本線・空港線(難波—和歌山市・関西空港間)で運転する.なお,7月20日(土)には,12時から難波駅4番線降車ホームで『ラッピング列車運行開始記念セレモニー』を開催し,難波駅に停車したラッピング列車の車内で,百舌鳥古墳群に関するパネル展示やハニワ課長・ハニワ駅長との記念撮影会を実施する.また当日は『ハニワ駅長と行く古墳ツアー』(要事前応募制・先着順)として高野線三国ヶ丘駅まで特別運行する.
 共通デザインロゴマークについては,南海電鉄のほか,近畿日本鉄道,阪堺電気軌道,南海バスの4社で,共通デザインのロゴマークを車両の前面や側面に掲出した電車・バスを運転する.
 このほか,キャンペーンにあわせた観光パンフレット「sakai たび図鑑」,「さかいナゾトキブック」などを発行する.

写真:南海電気鉄道のニュースリリースから