205系M64編成が新津へ

access_time
2019年7月13日掲載
205系M64編成が新津へ

JR東日本では,2019(令和元)年7月12日(金),京葉車両センター所属で武蔵野線用の205系M64編成が新習志野→西船橋→武蔵浦和→大宮→高崎→新津の経路で配給輸送されました.けん引機は長岡車両センター所属のEF64 1030でした.
 最後部にスイカと蚊取り線香のイラストが入った「ジャカルタ」と書かれた行先方向幕ふうの張り紙が確認できたため,インドネシアのジャカルタ首都圏鉄道へ譲渡されるものと思われます.
 武蔵野線用の205系のインドネシ譲渡にともなう配給輸送は今回で19回目,新製時から武蔵野線用として使用されていた通称「メルヘン顔」が譲渡されるのはM35編成に続いて2編成目となります.

写真:東川口にて 2019-7-12
投稿:鎌田 彬宏