ゆいレール,「DMMかりゆし水族館」のラッピング車両を運転

ゆいレール,「DMMかりゆし水族館」のラッピング車両を運転

DMM RESORTS(ディーエムエム・リゾーツ)は,沖縄都市モノレール(ゆいレール)で,2020(令和2)年4月に開業予定の「DMMかりゆし水族館」をモチーフにしたラッピング車両の運転を開始すると発表した.

 ラッピング車両は,車体の左側と右側で異なるデザインを採用する.7月26日(金)から運転予定の第1弾は,展示される多種多様な生物が大きなひとつの流れをイメージし,中央から広がっていくようすでエンタテイメント施設へのワクワク感や期待感を表現している.

ゆいレール,「DMMかりゆし水族館」のラッピング車両を運転

 7月31日(水)から運転予定の第2弾は,最新の映像表現と駆使された空間演出を表現したアートイメージ車両と,展示生物と亜熱帯の環境を表現したコラージュイメージ車両とした.2つのイメージを見せることで両方の要素がコラボレーションした,新しいカタチのエンタテイメント水族館であることを表現している.このほか,「DMMかりゆし水族館」開業に向け,ラッピング車両は計4編成の運転を予定しており,2019(令和元)年8月から2020(令和2)年春ごろにかけて,第3弾・第4弾の運転を開始する予定.
 なおラッピング車両の運転開始を記念して,7月29日(月)11時から那覇空港駅で出発式を実施する.

写真はいずれもDMM.com提供