E956形「ALFA-X」,新形パンタグラフを搭載して試運転

E956形「ALFA-X」,新形パンタグラフを搭載して試運転

JR東日本では,2019(令和元)年7月6日(土)から7日(日)にかけて,東北新幹線で新幹線総合車両センター所属のE956形高速試験電車S13編成「ALFA-X」の試運転が実施されました.
 「ALFA-X」は,6月27日(木)から5号車E956-5の屋根上に,ヒンジ部をカバーした新形パンタグラフが搭載されて試験走行が行なわれています.

写真:仙台—古川間にて 2019-7-7
投稿:清水 龍太郎