JR四国2700系8両が甲種輸送される

access_time
2019年7月5日掲載
2700系8両が甲種輸送される

川崎重工業兵庫工場で製造されたJR四国2700系特急形気動車が,2019(令和元)年7月4日(木)から5日(金)にかけて,兵庫から高松まで甲種輸送されました.
 けん引機は,兵庫—神戸貨物ターミナル間が岡山機関区所属のDE10 1743,神戸貨物ターミナル—高松間が新鶴見機関区所属のEF65 2092でした.
 今回輸送されたのは,2706+2756+2802+2707+2757+2705+2755+2801の8両で,このうち,2801・2802の2両はグリーン・普通合造車で新形式の2800形となります.

写真:端岡—鬼無間にて 2019-7-5
投稿:片岡 浩