京三製作所,小田急小田原線東北沢駅など3駅にホームドアを納入

京三製作所,小田急小田原線東北沢駅など3駅にホームドアを納入

京三製作所は,小田急小田原線東北沢駅にホームドアを納入し,2019(令和元)年6月から使用を開始したと発表した.

 同社では,これまでにも代々木八幡駅にホームドアと可動ステップを,下北沢駅(3・4番線)にホームドアを納入していて,いずれも2019(令和元)年3月から使用されている.引き続き,代々木上原駅(1・4番線),下北沢駅(1・2番線),世田谷代田駅,梅ヶ丘駅にも順次納入し,2020(令和2)年度までに使用が開始される予定.

京三製作所,小田急小田原線東北沢駅など3駅にホームドアを納入

 このうち,代々木八幡駅を除く代々木上原駅—梅ヶ丘駅までの5駅は,「戸袋スライド式非常脱出口」が採用されている.非常脱出口は,万が一の事態に使用されるもので,ホームの内側に開く従来の「開き戸方式」の場合は,柱やホーム上の構造物により,避難経路を確保できない場合があった.この「戸袋スライド式非常脱出口」は,戸袋を横にスライドさせる方式であることから,ホームが混雑している場合でもスムーズに避難経路の確保ができるようになっている.

京三製作所,小田急小田原線東北沢駅など3駅にホームドアを納入

 また,代々木八幡駅については,ホームが大きくカーブし,ホームと車両との隙間ができるため,「可動ステップ」が設置されている.これは,列車到着時に床面からステップを張り出してホームと車両の隙間を小さくし,乗降時の踏み外しや転落を防止する.

 京三製作所は,これまでに累計8000開口を超える納入実績があり,今後も社会インフラの安全・安心に貢献していくとしている.

写真はいずれも京三製作所のニュースリリースから