四日市あすなろう鉄道で2本目の混色編成が登場

四日市あすなろう鉄道で2本目の混色編成が登場

四日市あすなろう鉄道では,2019(令和元)年6月20日(木)から,「なろうブルー」車両と,「なろうグリーン」車両を連結した,混色編成(2本目)が登場しました.
 編成は,あすなろう四日市方から,モ264(なろうグリーン)+サ184(なろうグリーン)+ク161(なろうブルー)となっており,公式WEBサイトによりますと,2019(令和元)年7月21日(日)まで,既存の混色編成(既報)とともに,運転されるとのことです.
 また,当初,定期検査にともない,塗装を変更する予定であった,「なろうブルー」編成ですが,同鉄道利用者から,塗装を変更せず,そのまま残してほしいとの意見が,車両所有者である四日市市へ多く寄せられたことにより,当初の予定を変更し,塗装変更はいったん,延期,再検討されることとなったようです.
 写真は,定期検査を終了し,きれいな姿となったク161(なろうブルー)を先頭に,内部方面へ向けて,日永を発車する場面です.

写真:日永にて 2019-6-20
投稿:志摩 敬