阪急6050編成が正雀へ

阪急6050編成が正雀へ

阪急電鉄では,2019(令和元)年6月13日(木),阪急神戸線所属の6050編成(8両)が西宮車庫から正雀工場へ回送されました.
 詳細は不明ですが,6050編成のうち両先頭車の6050号車と6150号車は阪急で初めてワンハンドル運転台などを採用するなど.阪急電車の次世代モデルの模索車両と位置付けられ,1975(昭和50)年に製造されたもと2200系(2250号車,2251号車)から改番された車両で,動向が注目されます.

写真:武庫之荘—塚口間にて 2019-6-13
投稿:高木 善晴

2019年6月14日掲載