阪神,神戸三宮駅に可動式ホーム柵を設置へ

阪神,神戸三宮駅に可動式ホーム柵を設置へ

阪神電気鉄道では,神戸三宮駅の1番線(梅田方面ゆき)・3番線(元町方面ゆき)に可動式ホーム柵を設置すると発表した.

 設置される可動式ホーム柵は大開口形(二重引き戸)で,一部の範囲は従来形(一重引き戸)も採用する.また,設置可動扉部は一部が透過形となる.設置完了は,2021(令和3)年春ごろの予定となっている.
 なお,2番線は,阪神と近鉄の車両が停車し,各車両の扉位置が一定ではないため,現時点では可動式ホーム柵の設置が技術的に困難であることから,設置に向けた検討が行なわれる.

 このほか,阪神電気鉄道では,梅田駅で改良工事を進めており,可動式ホーム柵が整備される予定となっている.

写真提供:阪神電気鉄道

2019年6月11日掲載