富士フイルム,「FUJIFILM GFX100」を6月28日から発売 世界最高1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載

access_time
2019年6月11日掲載
富士フイルム,「FUJIFILM GFX100」を6月28日から発売

富士フイルムは,民生用ミラーレスデジタルカメラで世界最高となる1億2百万画素のラージフォーマットセンサを搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」を,2019(令和元)年6月28日(金)から発売します.
 「GFX100」は,35mm判の約1.7倍となる,横43.8mm×縦32.9mmのラージフォーマットセンサを搭載し,プロ写真家やハイアマチュアが高く評価するミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」のフラッグシップモデルです.35mm判を超えるイメージセンサを採用したデジタルカメラとして世界で初めて,像面位相差画素を配置した裏面照射形型センサ構造を採用し,ボディ内手ブレ補正機構と4K/30P動画撮影機能を搭載しています.
 オープン価格で,富士フイルムの直販公式ショップ「フジフイルムモール」での販売価格は122万5000円(税別)となっています.