EF81 95が『カシオペア紀行』をけん引

EF81 95が『カシオペア紀行』をけん引

JR東日本では,2019(令和元)年6月6日(木)から7日(金)にかけて,尾久車両センター所属のE26系を使用した団体臨時列車が上野→青森間(羽越本線経由)で運転されました.
 これは,阪急交通社が企画した,旅行ブランド「トラピックス」の30周年記念ツアー「カシオペア紀行で優雅にめぐる ゆったり東日本一周4日間」にともなうものです.
 全区間,田端運転所所属のEF81 95がけん引し,上野—長岡間では長岡車両センター所属のEF64 1051が先頭に立ち,重連運転となりました.
 なお,復路は8日(土)から翌9日(日)にかけて,青森→上野間(東北本線経由)で運転される予定です.

写真:加茂—羽生田間にて 2019-6-6
投稿:鷲澤 拓弥

2019年6月7日掲載