北陸鉄道,10月1日以降の旅客運賃を申請

access_time
2019年6月5日掲載

北陸鉄道では,2019(令和元)年5月29日(水)に,国土交通省北陸信越運輸局に対して鉄道旅客上限運賃の変更認可申請を行なったと発表した.
 今回の申請での平均改定率(上限運賃)は,普通旅客運賃(大人)が13.153%,定期旅客運賃(通勤・通学)が13.464%で,申請が認可された後,上限運賃の範囲内で実施運賃の届出を行ない,普通旅客運賃と定期旅客運賃を改定する.
 申請が認可された場合の普通旅客運賃(大人・片道)は,2.0kmまでが160円(現行140円),2.0kmを超え4.0kmまでが250円(現行220円),4.0kmを超え6.0kmまでが330円(現行290円)に変更となる.また6.0kmから14.0kmまでの区間では,2.0kmごとに50円の値上げとなる.なお,鉄道線の運賃改定は,1990(平成2)年の運賃改定以降,消費税率の改定にともなう税の転嫁を除いて29年ぶりの実施となる.
 同社ではこれまでも,鉄道利用者の増加と営業収入の確保として,各種企画切符の販売や企画列車の運行,イベントなどの利用促進策を実施.一方で,経費削減のため,利用者が僅少な区間の廃止やワンマン運行の開始など,さまざまな経営改善にも努めてきたが,施設・車両修繕費の増加や,運転電力料金の値上げなどにより損失の計上が拡大する傾向にあるとし,諸経費増大や,厳しい経営環境が予想されることから,今回の鉄道線上限運賃の変更認可申請となった.
 今後の取組みとしては,線区別で70歳以上の方を対象にした「シルバー平日1日フリーエコきっぷ」の発売や,通学1年定期券の新設,普通回数券の有効期限を3ヵ月から6ヵ月に変更するなどの新たな鉄道利用者のサービス向上策を実施する.あわせて,2019年度から2021年度主要プロジェクトとして,現有車両の車両更新や,石川線野々市工大前—馬替間での重軌条化事業,信号保安・電路設備事業(踏切の無警報対策)なども検討している.