8865列車で広島更新色ふうEF64形の重連が実現

access_time
2019年6月2日掲載
8865列車で広島更新色ふうEF64形の重連が実現

JR貨物では,2019(令和元)年6月1日(土),愛知機関区所属で広島更新色ふう塗装のEF64 1046が,8865列車(稲沢—吹田東間)に充当されました.
 この際,同じく愛知機関区所属で同様の塗装を保つEF64 1049が次位無動力で連結され,吹田機関区まで配給輸送され無動力ながらも広島更新色ふう機同士の重連が実現しました.
 関西地区では広島更新色ふうのEF64形を撮影できる機会が少なく,今回は残念ながらエンドが揃ってはいませんでしたが,2両しか存在しない貴重な広島更新色ふう塗装を保つ同機の重連をカメラに収めようと多くのファンが沿線に集まりました.

写真:長岡京—山崎間にて 2019-6-1
投稿:高木 善晴