JR東日本,7月1日から新幹線・在来線特急列車の車内販売サービス取扱品目を見直し

JR東日本E7系

写真:JR東日本E7系  編集部撮影  新幹線総合車両センターにて  2013-11-28(取材協力:JR東日本)

JR東日本では,2019(平成31)年7月1日(月)から,新幹線と特急列車の車内販売サービスについて,取扱い品目の見直しを行なうと発表した.

 今回の見直しでは,車内販売の取扱品目のうち,ホットコーヒーの販売を取りやめる.また,北陸新幹線“かがやき”・“はくたか”の車内販売のみで取り扱っていたお弁当・軽食類(サンドウィッチ類)・デザート類・お土産類・雑貨類の販売を取りやめる.
 これにより今後の販売商品は,ソフトドリンク類(ペットボトル)・菓子類・アルコール類・つまみ類とし,車内販売を行なう列車は,新幹線が“はやぶさ”・“はやて”・“つばさ”・“こまち”・“かがやき”・“はくたか”・“とき”,在来線特急が“あずさ”・“かいじ”・“ひたち”・“スーパービュー踊り子”・“いなほ”となる.なお,新幹線のグランクラスサービスについては,これまでどおり継続する.

2019年6月1日掲載