JR北海道,10月1日から運賃を改定へ

JR北海道733系3000番台

写真:JR北海道733系3000番台  編集部撮影  札幌運転所にて  2014-6-16(取材協力:JR北海道)

JR北海道では,2019(令和元)年10月1日(火)の消費税率引き上げにあわせて,運賃を改定すると発表した.
 これは,JR北海道が今後も,安全確保のための経費を確保しつつ,鉄道の競争力を維持すべく輸送サービスの向上と利用が少なく鉄道を持続的に維持する仕組みの構築が必要な線区の維持を図るため,同社の最大限の経営努力を前提として改定を申請したもの.
 改定率は,JR北海道の旅客運輸収入全体で9.1%(税込11.1%),増収額は年間40億円を予定している.普通旅客運賃については,平均で13.6%(消費税率引上げ分を含め15.7%)の改定とし,乗車区間が100kmまでの運賃額には賃率によらない「対キロ区間制運賃」を導入する.また,200kmまでの賃率は1.1倍程度引き上げとし,200kmを超えた区間の賃率は据え置きとする.定期旅客運賃(100kmまでの設定)については,普通運賃の改定にもとづき改定し,割引率は据え置きとする.
 このほか,新千歳空港アクセス輸送開始にともなう設備投資にかかるコストに充てるため,千歳線(南千歳—新千歳空港間)を乗車する場合に設定している140円の加算運賃については,当該区間の利用者数が堅調に推移し,加算運賃収入などによる設備投資額などの回収が順調に進ちょくしていることから,今回の運賃改定が認可された場合,140円から20円に引き下げる届出を行なう予定.
 なお,特急料金や座席指定料金などの料金については,消費税率の引き上げ分のみを転嫁し,増収を目的とした改定は実施しない.