東急『世田谷線フェス』開催

東急『世田谷線フェス』開催

東急世田谷線は,1969(昭和44)年5月11日に東急玉川線(玉電)の渋谷—二子玉川園間が廃止され,分離・存続した区間が世田谷線として改称してから2019(令和元)年で50周年を迎えました.東京急行電鉄では,これを記念して各種イベントを実施する予定です.第一弾として2019(令和元)年5月11日(土)・12(日)に沿線の各所と連携して『世田谷線フェス』が開催されています.
 大手民鉄としては初めてとなるリストバンド形の1日乗車券が発売され,イベント開催地で提示することにより各種の特典が得られるサービスが行なわれています.2017(平成29)年9月の玉電開通110周年記念イベントの際に運行され好評だった「幸福の招き猫電車」が復活し,11日(土)にはフェス会場の1つである上町車庫でお披露目されました.前回同様に300系308編成が使用されていますが,今回は猫耳が描かれるなどの差が見られます.
 「幸福の招き猫電車」は5月12日(日)から当分の間,運転される予定です.

写真:上町車庫にて(公開区域から撮影) 2019-5-11
投稿:斎藤 誠

2019年5月11日掲載