JR東日本,6月に三陸鉄道直通の「TOHOKU EMOTION SPECIAL」を運転

JR東日本キハ110系700番台「TOHOKU EMOTION」

JR東日本盛岡支社では,2019(令和元)年6月8日(土)・9日(日)の2日間,東北レストラン列車「TOHOKU EMOTION」を団体臨時列車「TOHOKU EMOTION SPECIAL」として運転すると発表した.
 これは,2019(令和元)年6月30日(日)まで開催中の『いわて春の観光キャンペーン いわて幸せ大作戦!!〜美食 ・絶景・イベント「黄金の國、いわて。」〜』の一環として,JR八戸線八戸駅から三陸鉄道リアス線の釜石駅まで直通し,6月8日(土)は八戸11:05発→釜石18:43着,6月9日(日)は釜石9:35発→八戸16:07着のダイヤで運転する.食事メニューなどは,2019年度上期(4月~9月)の「TOHOKU EMOTION」と同じく,ホテルメトロポリタン盛岡の総料理長・髙橋均氏などシェフ4名が監修した地元食材使用のコース料理を楽しんだ後,シェフパティシエ特製のオリジナルデザートがブッフェ方式で提供される.
 なお,列車は旅行商品専用となり,びゅうトラベルサービスが企画・実施するツアーに申込みが必要となる.

写真:キハ110系700番台「TOHOKU EMOTION」  目黒義浩撮影  久慈にて  2013-10-20

※写真はイメージです.

2019年4月22日掲載