JR東海,2020年春から「“のぞみ”12本ダイヤ」を実施へ

JR東海 N700系1000番台「N700A」

JR東海では,新幹線“のぞみ”について,2020(令和2)年春から1時間あたりの片道最大運転本数を12本にすると発表した.
 これは,2020(令和2)年春に予定されている「N700A」タイプへの車種統一にともなうもので,全列車の最高速度が時速285km化されるとともに,各種設備の改良を行なうことでダイヤを刷新し,1時間あたりの“のぞみ”の本数を12本とするもの.また,東京—新大阪間の所要時間は,12本すべての“のぞみ”が,2時間30分以内となる.
 利用の多い時間帯に“のぞみ”を増発することで,利用客の都合にあわせた「EX予約」「スマートEX」での予約を可能にし,目的地までのトータルの旅行時間の短縮を図る.
 なお,ダイヤの詳細については改めて発表される予定.

写真:JR東海N700系1000番台「N700A」 編集部撮影 JR東海・浜松工場にて 2012-8-21 (取材協力:JR東海)

※写真はイメージです.