阪神,沿線の新小学1年生に「みんなが困る アカンを探せ!」下敷きを贈呈

阪神電気鉄道では,2019(平成31)年春から小学校に入学する沿線の子どもたちへの入学祝いとして,「阪神電車オリジナル下敷き」を贈呈すると発表した.この取り組みは,2008(平成20)年春から毎年実施しており,今回が12回目となる.

「みんなが困るアカンを探せ!」阪神下敷き(表)
「みんなが困るアカンを探せ!」阪神下敷き(裏)

 今回のテーマは,2018(平成30)年に引き続き,「みんなが困るアカンを探せ!」とし,成長にともない利用機会が増加する鉄道のさまざまなマナーについて,良い例,悪い例をイラストで描き,友達,保護者,先生などと話し合うことで,マナーについて考える機会を作ることを目的としたデザインとした.また裏面の「阪神電車沿線マップ」では,阪神沿線の特徴的なスポットを紹介し,子どもたちが自分の住む街に興味を持ち,地域について学ぶきっかけになることを目指す.
 さらに同社では,駅長が沿線の小学校に出向き,マナーや鉄道の仕事などを説明する「出前授業」を実施しており,この授業でも,あえて正解を明示していない上記素材を使用することで,「マナー」というテーマを通じ,自分自身で物事を考えるきっかけとしている.
 このほか,2015(平成27)年には,阪神電鉄と武庫川女子大学附属中学校・高等学校とが共同で,「〜はんしん×ムコジョ〜乗車マナー向上委員会」を立ち上げ,継続的にマナー啓発活動を実施している.これらの事業について同社では,『将来にわたる持続的な成長に向け,沿線が「住んでよかった街」,「働いてよかった街」,「訪れてよかった街」であり続けるための取り組みの一環として実施する』としている.

ご案内:阪神電気鉄道ニュースリリース

2019年4月9日掲載