オハ14 505「ドリームカー」が下今市へ

オハ14 505「ドリームカー」が下今市へ

東武鉄道では,鬼怒川線のSL「大樹」・DL「大樹」で使用されている14系客車のうち,鬼怒川温泉方からスハフ14 1+オハフ15 1+スハフ14 5の3両が,2019(平成31)年4月2日(火), DE10 1099のけん引により下今市(下今市機関区)から南栗橋(南栗橋車両管区)まで回送されました.
 その後,中間のオハフ15 1をオハ14 505「ドリームカー」に組み替え,翌3日(水),南栗橋から下今市まで返却回送されました.
 導入されるオハ14 505「ドリームカー」は,2017(平成19)年2月にJR北海道から譲り受けた14系500番台客車4両のうちの1両で,4月5日(金)に鬼怒川温泉駅ホームにて見学会が開催されたのち,4月13日(土)運転のDL「大樹」から,年間40日間ほど(2019年は24日間)営業運転で使用される予定となっています.

写真:楡木—樅山間にて 2019-4-3
投稿:大塚 真