小田急,下北沢駅に大形陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」を設置

小田急,下北沢駅に大形陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」を設置

小田急電鉄は,小田原線代々木上原—登戸間の複々線化完成を記念した大形の陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」を,下北沢駅改札内コンコース壁面に設置し,2019(平成31)年3月29日(金)に完成披露除幕式を開催した.

 レリーフは縦2.6m×横8.9mの大きさで,小田急グループの経営理念で謳われている「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」をテーマとしたもの.

小田急,下北沢駅に大形陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」を設置

写真:式典では花束贈呈も行なわれた手前の男性が作家の日高康志さん.奥の男性が作家の宮永辰夫さん.

 株式会社エヌケービーの協力のもと,1957(昭和32)年に就役した特急ロマンスカー3000形「SE」のカラーデザインや内装をはじめ,小田急に深い関わりがある作家故・宮永岳彦氏の情緒ある原画をもとにしており,宮永岳彦氏の内弟子である宮永辰夫氏,小林敬生氏,日高康志氏の監修のもと,デザインされた.制作は,これまでに500を超えるパブリックアート作品を作り続けてきたクレアーレ工房(熱海・信楽)が行なった.

小田急,下北沢駅に大形陶板レリーフ「出会いそして旅立ち」を設置

写真:下北沢駅の外観.3月16日(土)に小田急と京王の中央改札が開設されて改札が分離されている.

 小田急電鉄では,「新しく生まれ変わった下北沢駅において,お客さま同士の素敵な出会いや旅立ち,そして駅周辺のにぎわいの起点となる新たなシンボルを目指す」としている.

写真はいずれも大沼一英撮影(取材協力:小田急電鉄)

2019年3月30日掲載