長崎電軌,運行情報表示器を設置

長崎電軌,運行情報表示器を設置

長崎電気軌道では,長崎駅前と浦上車庫の各停留場に運行情報表示器を設置したと発表した.
 これは,電車接近や遅延,運休などの運行情報を提供し,自然災害など異常時の運行情報をタイムリーに伝達することで,安心して電車を利用してもらうことを目的としている.
 表示内容は,画面左に3停留場前まで接近している電車の系統番号と系統色が表示される.また画面右には,5停留場前までで接近している上位3車両の系統と行先,到着までの予定時間が日本語と英語で表示される.なおどちらの表示もバリアフリー対応車両の場合は,車イスマーク付きとなる.このほか画面下には,運行状況を日本語と英語で表示し,異常時の案内もこの部分に表示される.
 今後は,今回設置した機器の状況を考慮しつつ,主要停留場から設置していく計画としている.

写真:長崎電気軌道WEBサイトから

2019年3月29日掲載