多摩モノレール,ホーム駅名標のデザインを一新

多摩モノレール,ホーム駅名標のデザインを一新

多摩都市モノレールでは,各駅のホーム駅名標のデザインを一新したと発表した.
 これは,開業20周年の節目にあわせて,よりわかりやすい案内サインへのリニューアルの一環として実施され,ダイヤ改正が行なわれた2019(平成31)年3月23日(土)までに完了している.
 リニューアルされた駅名標は,日・英・中・韓の4ヵ国語対応としたほか,沿線5市(多摩・八王子・日野・立川・東大和)や沿線大学(帝京大学・中央大学・明星大学)などとも協力し,各駅周辺の風景やゆかりのある施設を描いた版画風のイラストを掲載.また,路線図部分にナンバリング表示を加えるなど,すっきりとわかりやすい表記とし,「街の玄関口」としてこれまで以上に利用客が親しみや愛着を感じられる駅を目指す.
 イラストは,多摩センター駅が「地域文化の殿堂パルテノン多摩」,万願寺駅が「土方歳三 生誕の地」,高松駅が「モノレール運営基地」,上北台駅が「多摩湖と日本一美しい取水塔」などとなっている.

写真:多摩都市モノレールのニュースリリースから