南海,2020年3月31日をもって「みさき公園」事業からの撤退

南海電気鉄道は,2020年3月31日(火)をもって同社沿線にある「みさき公園」(大阪府岬町)の事業から撤退すると発表した.
 みさき公園は1957(昭和32)年に開園し,以後約62年間にわたり動物園やイルカショーなど自然につつまれた総合遊園地として,沿線のファミリー層を中心に利用されていた.開園30周年を迎えた1987(昭和62)年には大形レジャープール「ぷ〜るらんどRiO」を開設し,1989(平成元)年度には年間来場者数は約72万人を記録した.
 しかし,その後はレジャーの多様化により,年間来場者数の減少傾向が続いており,2017(平成29)年度はピーク時の半分の約36万人にまで減少.また,収支についても,長期にわたり営業損益の赤字が続き,新イルカ館「シャイニースタジアム」の建設や,鉄道体験施設「わくわく電車らんど」の新設などによる需要喚起策を実施してきたが,来場者数の減少傾向に歯止めがかからず,抜本的な収支改善には至っていない.
 このような中,2017(平成29)年度の決算において,同公園事業にかかる約33億円の減損損失を計上し,その後もあらゆる再建策について検討してきたが,同社としては事業継続が困難であると判断し,2020年3月31日(火)をもって,「みさき公園」事業から撤退することを決定した.
 同社では,公園の今後について,公園の地元である大阪府岬町との間で協議をするとしている.