旧太子駅で『日本一の「無蓋車」公園』実現へ

旧太子駅で『日本一の「無蓋車」公園』実現へ

群馬県中之条町では,1971(昭和46)年に廃駅となった旧国鉄吾妻線太子駅を,『日本一の「無蓋車」公園』として整備してゆく方針が議会で了承され,このほど無蓋車と貨車移動機の搬入が行なわれました.
 2019(平成31)年3月25日(月)に搬入が行なわれたのは,「幻のト20000形」として外観が復元された大井川鐵道ト111(写真手前)で,同町の取組みを応援する目的で寄贈されました.無蓋車としては,昨年2018年に搬入された,ひたちなか海浜鉄道のトラ15(写真左奥)に続いて2両目となります.同日には,無償貸与となるアント15W(写真手前右)の搬入も行なわれました.

写真:旧国鉄吾妻線太子駅にて 2019-3-25
投稿:笹田 昌宏

2019年3月26日掲載