鉄道会社公式スマホアプリ連携が10社に拡大 東武・京成・京急・相鉄を追加

鉄道会社公式スマホアプリ連携が10社に拡大

東武鉄道・京成電鉄・京浜急行電鉄・相模鉄道は,各社のスマートフォンアプリ「東武線アプリ」「京成アプリ」「京急線アプリ」「相鉄線アプリ)について,JR東日本を含む6社(JR東日本・東京メトロ・東京急行電鉄・京王電鉄・小田急電鉄・西武鉄道)が提供している各スマートフォンアプリの「列車走行位置」「時刻表機能」との連携を開始したと発表した.

鉄道会社公式スマホアプリ連携が10社に拡大

 列車走行位置情報では,各社と乗換えができる駅に連携先の鉄道会社のアイコンやのりかえボタンを設ける.ボタンをタップすることで,連携しているアプリが選択となり,「列車走行位置」をスムーズに確認することができる.
 時刻表では,東武線アプリ・京成アプリを除き,各駅の情報画面にリンクボタンを設ける.リンクボタンをタップすることで,連携している対象会社のアプリが起動し,時刻表をスムーズに確認することができる.なお,東武線アプリ・京成アプリでは,3月26日(火)現在,他鉄道会社のアプリへの時刻表連携は設定されておらず,他鉄道会社のアプリからは東武鉄道・京成電鉄の各WEBサイト(時刻表)との連携のみとなる(東武線アプリについては,直通運転を行なっている区間の時刻表のみ閲覧可能).
 連携機能を利用するには,各社のアプリをそれぞれダウンロードしてインストールする必要がある.すでに各アプリをインストール済みの場合は,連携開始後に最新版へのアップデートが必要.

写真はいずれも東武鉄道のニュースリリースから