えちごトキめき鉄道,二本木駅駅舎や雪囲いなどが国の登録有形文化財に登録へ

えちごトキめき鉄道,二本木駅駅舎や雪囲いなどが国の登録有形文化財に登録へ

えちごトキめき鉄道は,同社の二本木駅駅舎や駅構内にある雪囲いなどの建造物が,登録有形文化財に登録見込みであると発表した.

 今回登録される見込みの建造物は,1910(明治43)年建造の「二本木駅駅舎」・「倉庫」・「ランプ小屋」,1922(大正11)年建造の「スイッチバック線雪囲い」,1935(昭和10)年建造の「駅ホーム待合所」,1937(昭和12)年建造の「ホーム上屋」,1941(昭和16)年・1942(昭和17)年建造の「地下道と上屋」の7棟.

えちごトキめき鉄道,二本木駅駅舎や雪囲いなどが国の登録有形文化財に登録へ

 これらの建造物は,2019(平成31)年3月18日(月)に開催された国の文化審議会において,文部科学大臣に対して答申されており,今後行なわれる官報告示後,正式に登録有形文化財となる.さらに,二本木駅は新潟県内では初の交通系登録有形文化財となるほか,駅構内の登録有形文化財の数が全国で2番目に多い場所となる予定.
 なお,えちごトキめき鉄道では,各建造物の歴史と価値を伝える案内板を駅構内に整備するほか,記念入場券などの記念グッズ販売や,正式な登録後に記念イベントの開催を検討している.

写真はいずれも,えちごトキめき鉄道のニュースリリースから