叡山電鉄,3月31日から三陸鉄道カラーの車両を運転

叡山電鉄,3月31日から三陸鉄道カラーの車両を運転

叡山電鉄は,2019(平成31)年3月31日(日)から三陸鉄道のカラーリングを施した車両を期間限定で運転すると発表した.

 叡山電鉄と三陸鉄道の関係は,2009(平成21)年の『第5回えいでんまつり』で全国の鉄道をPRするコーナー「広がれ!鉄道ネットワーク」に三陸鉄道が協力したところから始まり,2013(平成25)年から開催されているイベント『悠久の風~南部風鈴によせて~』におけるフォトコンテストなどを通じて連携を深めてきた.また,2018(平成30)年の台風21号で叡山電鉄が被害を受けた際には,三陸鉄道社長が激励にかけつけている.

叡山電鉄,3月31日から三陸鉄道カラーの車両を運転

 今回の塗装変更は,この台風の際の激励に対する返礼と,三陸鉄道が震災の被害を乗り越え,新たな路線として出発するにあたり,京都でのPRに貢献するべく実施されるもので,デオ712を三陸鉄道カラーとして,2020年3月まで約1年間運転する.

写真はいずれも叡山電鉄提供

2019年3月20日掲載