大糸線に211系1000番台が入線

大糸線に211系1000番台が入線

JR東日本では,2018(平成31)年3月16日(土),長野総合車両センター所属の211系1000番台N324編成が大糸線に入線しました.
 大糸線の4229M〜5229M,5232M〜4232Mは,ふだんはE127系100番台の2両編成で運転されていますが,土日祝日は211系3両に編成変更されることが多く,ダイヤ改正以前は,大糸線の定期運用に入っているロングシートの3000番台が代走していました.
 今回の入線は,暫定的なものか,運用変更によるものなのか,今後が注目されます.

写真:安曇追分—有明間にて 2019-3-16
投稿:相馬 秀喜

2019年3月19日掲載